ワタナベ整形外科の関節リウマチ|東京都羽村市の整形外科、骨折、膝・肩等の関節痛、腰痛、骨粗鬆症、リウマチ、リハビリテーション治療。当院での診療をご案内いたします。

関節リウマチ

HOME >> 関節リウマチ

関節リウマチとは

関節リウマチは、全国で100万人近いの患者がいると言われ、特に30~50歳代の女性に好発します。
ひとつの関節にとどまらず、全身の関節にこわばり、痛み、腫れを生じ、進行すると関節が壊れます

原因はまだ解明されていませんが、何かの原因で免疫異常が生じ、慢性多関節炎を起こします。
リウマチになりやすい遺伝的な素因があり、それにウイルスなどの感染が引き金になっている可能性も考えられています。


関節リウマチの症状

自覚症状としては、手指の関節のはれと痛みがあり、朝方より手指の腫れぼったい感じとこわばりを感じます。
これを朝のこわばりといい、関節リウマチ特有の症状で数時間続きます。
また、肘、肩、手首、膝、足首、足の関節などに疼痛、腫脹が出現します。

関節リウマチが進行していくと全身の関節に波及し、関節が変形して日常生活に支障をきたすことになります。
関節の破壊が進行する前になるべく早期に診断し、適切な治療を開始することが重要です。

関節リウマチの診断及び治療法

診断方法

臨床症状及び、血液検査(各種マーカー)により診断されます。

治療方法

薬物療法、理学療法、手術療法があります。

薬物療法
関節リウマチの大多数の患者さんは非ステロイド性抗炎症、抗リウマチ薬、副腎皮質ステロイド剤の3種類の薬を使って治療をしております。

最近では生物学的製剤という新しい治療薬があります。
炎症を引き起こすサイトカインであるIL- 6やTNFαの働きを妨げ、関節破壊が進行するのを抑える効果に優れています。
生物学的製剤は、抗リウマチ薬に対して効果が不十分な場合に使用します。
この薬は注射(点滴または皮下注射)で投与しますが、その間隔は1週間に2回から2ヵ月に1回までとさまざまです。
通院回数やライフスタイルに合わせて治療薬を選択することができます。
保険診療で行う治療ですが、高額な薬剤であるため自己負担も高額となりますので医師とご相談の上での選択をお勧めします。
理学療法(リハビリテーション)
理学療法(リハビリテーション)としては、以下の治療法があります。
  • 運動療法…運動により関節や筋肉の機能を維持する
  • 温熱療法…水や温熱、光線、超音波などの物理的な刺激により痛みを和らげる
  • 装具療法…関節の変形の予防、矯正、保護するための装具
手術療法
滑膜切除術と人工関節置換術などがあります。
手術の適応があると判断した場合は、患者さんと相談の上で近隣病院または大学病院へご紹介させて頂きます。
PAGE TOP