ワタナベ整形外科の肩こり・腰痛・五十肩|東京都羽村市の整形外科、骨折、膝・肩等の関節痛、腰痛、骨粗鬆症、リウマチ、リハビリテーション治療。当院での診療をご案内いたします。

肩こり・腰痛・五十肩

HOME >> 肩こり・腰痛・五十肩

肩こり

「肩こり」とは主に、後頭部から肩(肩甲骨や鎖骨)にいたる部分にある筋肉が異常に緊張することによって起こる違和感や痛みなどの症状と言えます。

私たちは、歩きすぎた時には脚の筋肉が疲れ、また腕や指先に力の入る作業を長く行うと、腕の筋肉が疲れたり張ったりすることがあります。
肩こりの症状は、腕や脚で起こる症状に似ているかもしれません。
そのせいか、「肩こりは酷いけれども、病院にいくほどでは・・・」と考える方もいらっしゃることでしょう。
でも、実はその肩こりの裏に、別の病気が隠れている場合だってあるかもしれません。

心当たりのある方、ぜひ当院へ、お越しください。

腰痛

腰痛でお悩みの方も多いかと思います。腰痛とはその名の通り、腰に出る痛みのことです。

仕事で重い物を持ったりする肉体労働の仕事をされている方でも、腰痛持ちの方はたくさんいらっしゃいます。
重たい物を持ち上げるという行為はもちろんですが、それよりも長時間同じ姿勢を保っている方の方が腰に負担がかかります。

最近では、長時間デスクワークのお仕事などもとても増えてきていますし、腰痛というのは現代病の1つであるとも言えるでしょう。
一口で腰痛と言っても痛みの種類も様々で、鈍い痛み、激しい痛み、刺激痛、電気が走るような鋭い痛み、ムリにひねったような痛み、力の抜けるような感じになることもあります。
また痛む箇所も腰だけでなく、足やお尻といった下肢に重大な損傷をもたらすこともあります。

腰痛を悪化させないためにも、正しい知識を知って、腰痛とうまく付き合いながら1日でも早く腰痛の改善を目指しましょう。

五十肩

五十肩は一つの病態を指すが病名ではありません。
40~60歳代の方に起こりやすい肩関節の疾患で、五十肩と言う名前を付けられました。
五十肩になると高いところに手をあげると痛む、腕を後ろに回すことができない、肩を下にして横向きで寝れないなどの症状を訴えます。
五十肩は特に冬から春にかけては、寒冷が誘因になったり、厚着によって肩関節の運動が十分にできず、肩関節の組織液や血液の循環が悪くなるので起こりやすいといわれています。

五十肩の発症に、男女差はありません。
利き腕にも関係なく、左右どちらの肩にも起こります。
五十肩は片方が治った後に、もう片方が痛くなることもありますが、両方の五十肩が同時に痛くなることはあまりないようです。

PAGE TOP