ワタナベ整形外科のプラセンタ療法|東京都羽村市の整形外科、骨折、膝・肩等の関節痛、腰痛、骨粗鬆症、リウマチ、リハビリテーション治療。当院での診療をご案内いたします。

プラセンタ療法

HOME >> プラセンタ療法

プラセンタ療法

プラセンタとは?

胎盤のことをプラセンタと言います。
母親の体内で胎児と母体をつなぎ胎児を育てる臓器ですが、もともと女性の体に備わっているものではなく、受精卵が子宮内壁に着床して初めて作られる臓器であり、役目を終えると出産とともに母体外に排出される短期的な臓器です。
受精卵は、わずか10ヶ月の短期間に重さ3kgもある赤ちゃんへと成長しますが、この驚異的な生命を育むのが胎盤の役割です。
胎盤の薬効は世界中で古くから注目され、とりわけ滋養強壮薬として珍重されており、多数の漢方薬等にも配合さてきました。


ミニ知識

赤ちゃん誕生とともにプラセンタは役目を終えて体外へと排出されます。
しかしこの時点でも、豊富な栄養と各種有効成分を多く含んでいます。
動物のお母さんが、出産後プラセンタを食べて体力を回復させているのが、その証拠ともいえるでしょう。

プラセンタの成分

プラセンタ(胎盤)の中に含まれている有効成分
タンパク質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、様々な酵素、様々な増殖因子やサイトカインなど

プラセンタ療法の効果

内科系
肝機能の改善:肝炎・肝硬変、
慢性胃炎、胃潰瘍、胃弱、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、糖尿病、高血圧、低血圧、気管支喘息、慢性気管支炎、貧血、慢性疲労、習慣性便秘
婦人科系
更年期障害:動悸・息切れ・不眠
月経困難症の改善、便秘、冷え性、生理通、不妊治療、乳汁分泌不全、高プロラクチン血症
皮膚科
アトピー性皮膚炎、発毛促進、じんましん、湿疹、ケロイド、そばかす、ニキビ
耳鼻科
アレルギー性鼻炎、メニエール病、花粉症
整形外科
慢性関節リウマチ、変形性関節炎、関節炎、神経痛、腰痛、五十肩、肩こり等
泌尿器科
前立腺肥大、膀胱炎
眼科
角膜炎、アレルギー性結膜炎、視力低下、白内障
歯科
歯槽膿漏、歯周病、顎関節症
精神神経科
うつ病、神経症、自立神経失調症、不眠症
その他
精力増進・滋養強壮、疲労倦怠改善、男性、女性ホルモンバランスの調整、虚弱体質、病中・病後の体力回復、強壮、風邪予防

プラセンタ療法とは?

胎盤(プラセンタ)から抽出されたエキスの有効成分を注射、内服などにより治療に用いる療法の総称を「プラセンタ療法」といいます。
新陳代謝を促進、自律神経やホルモンバランス調整、免役・抵抗力を高める等、様々な薬理作用をもっています。
当院では、プラセンタ療法を希望する方へ適切な療法・容量を検討いたします。
お気軽にご相談下さい。

プラセンタ治療を希望される皆様へ

プラセンタ治療をご希望される方は、治療前にプラセンタ治療に関してご理解いただき、同意書をいただいております。
下記内容をご確認の上、ご質問などございましたらクリニックまでご連絡下さい。

プラセンタ料金

ラエンネック1A 1,000円

ラエンネックは、ヒト胎盤(プラセンタ)から生理活性成分を抽出した医薬品です。
ラエンネックについて以下の説明を充分に理解していただいたえうで、ラエンネックを投与することに同意されるか、されないかを担当医師にお伝え下さい。

ラエンネックの主な作用

[1]肝疾患の場合、ウィルスやアルコールで壊死した肝組織を修復します。
[2]細胞1個1個の組織呼吸や新陳代謝を高め、細胞機能を活性化します。
[3]肝臓などに沈着した脂肪の減少や、肝細胞の脂肪変性を改善します。

副作用

ラエンネックの主な副作用は、注射部位の疼痛、過敏性(発疹・発熱・掻痒感など)、注射部位の硬結などです。
また、本剤はヒト組織由来のタンパク・アミノ酸製剤であるためショックを起こすことがあります。
ラエンネックの投与を受けてこのような症状が出た場合あるいは不安に思われた場合は必ず担当医師にご相談下さい。

ウィルスや細菌などに対する安全性

ウィルスや細菌が製品に混入しないようにするため、次のような汚染防止対策を講じております。

01.原料提供者のスクリーニング(医療機関での検査・確認)
02.受入試験
03.ウィルス不活性処理
・有機溶剤処理
・酸処理
・高圧蒸気減菌処理 (最終減菌 121℃20分)
04.製品試験

1)原料提供者について医師によるウィルス等感染症のスクリーニング実施
2)受入試験でB型肝炎、C型肝炎及びエイズ(後天性免役不全症候群)のウィルス検査に適合した原料を使用
3)製造工程では、科学的に証明された種々のウィルス不活性処理を実施
4)最終製品についてB型肝炎、C型肝炎、エイズに加え成人T細胞白血病及びリンゴ病ウィルス検査を実施してウィルス等陰性化していることを確認

またラエンネックを含めヒト胎盤を原料として製造される医薬品の投与により、感染症が伝播したとの報告は現在まで国内・海外ともにありません。
しかし変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)等の伝播のリスクを理論的には完全否定することはできません。
このことからラエンネックを含めヒト組織や血液を原料とした製品を使用した方には、献血を控えることが求められています。

*昭和49年の発売以来、ラエンネック投与によるB型肝炎、C型肝炎、エイズ、vCJDなどの感染症の報告はありません。

PAGE TOP