ワタナベ整形外科の医院のご案内|東京都羽村市の整形外科、骨折、膝・肩等の関節痛、腰痛、骨粗鬆症、リウマチ、リハビリテーション治療。当院での診療をご案内いたします。

医院のご案内

HOME >> 医院のご案内

治療方針

整形外科は四肢、脊椎の骨折、外傷、筋肉や神経疾患による痛みや痺れ、機能障害を治療する科です。
疼痛や機能障害の程度は様々で疾患によっては手術をしないと症状の寛解が得られないこともあります。
しかし、保存的治療により疼痛の軽減が得られることも十分にあります。出来るだけの保存的治療をやってみてどうしても痛みや機能障害が改善しないときは手術を選択せざるを得ない事もあります。
保存的治療にも色々あり、薬物療法、注射、リハビリテーション治療などがあり、手技によっては侵襲の高いような治療方法もありますが、最終的には痛みから解放されて運動機能が改善されれば良いと考えます。

当院では、関節注射、神経ブロックなども積極的に行い、必要があれば手術も行っています。
患者さまのご意見、ご希望に耳を傾け当医院で対応できる最も質の高い医療を提供できるように、日々心掛けて診療を行います。


診療科目

整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科・骨ドック・スポーツ整形外科

※種保険取扱、交通事故保険取扱、労災保険指定

診療時間

診療設備

待合室
リラックスしてお待ちいただけるよう広くて開放的な空間をデザインしました。

診察室
明るくて清潔感のある診察室です。2つの診察室を使用し、出来るだけ患者さまをお待たせしないように効率化を図っています。開業当初から電子カルテを導入し、患者さまの情報、診察記録、検査結果、投薬記録がすぐに確認できるようになっています。


処置室
ギプス処置、関節注射、神経ブロック、外傷創傷処置、小手術に対応できるように処置室も広くしています。

リハビリテーション室
最先端の物理療法により疼痛改善を図るための治療機器を多数備えています。 また、高齢者の筋力向上・転倒予防・要介護状態の予防・自立支援を目的として、日本の高齢者の体格にあわせて開発したトレーニングマシンを導入しています。干渉波治療ではカーテンを設置し、女性でもリラックスしていただけるようにと心がけています。
撮影室
CR装置を導入いたしました。フィルムレスなので撮影してから画像の出来上がりまで、お待たせしないシステムを採用しました。 また、骨折整復、手術、神経ブロック等幅広く対応できるようにX線透視装置も完備しています。
骨密度測定室
微量のX線を腰椎および大腿骨頚部の測定部位に照射し、骨量を測定するDXA法(デキサ法:二重エネルギーエックス線吸収測定法)を用いた骨密度測定装置です。前腕、踵、手の骨密度測定より正確で治療効果がしっかり反映されるため骨密度の測定部位としては腰椎、大腿骨頚部が最も推奨されています。大病院で採用されている装置を導入し、骨粗鬆症診断治療に役立てています。
PAGE TOP